聖地 マチュピチュ3

Rimg0053_4

太陽の神殿  

美しい曲線の石組みです
冬至の日、太陽の門から日の出が顔を出しそしてこの窓に日が差し込むのだそうです。

中には入れませんがこの下は陵墓と呼ばれるミイラを安置した場所になっています。
そこは下に下りた時に見れます。

Rimg0061_3

石切り場  

どういう方法で石を切断したか?
まず真っ直ぐな線に沿って何箇所か石に穴を空ける。
そこに水を染み込ました木を詰める。
水によって木が膨張する。
その力で石が カッコ~ン と割れる。
???数十個なら分かるけど 見渡す限り石だらけ。
本当にそんな気の遠くなる方法で石を切断していたのだろうか?          

マチュピチュのメイン広場?本当は神聖な場所です。
それぞれの団体がガイドより説明を受けるのでちょっと一休みして順番を待ちます

Rimg0057_2

           Rimg0058_3

1番重要な神殿と言われている
インカの王が白い服を着た大勢の巫女達と儀式を執り行ったのでしょうか?

ちなみに私も白い服、白い手袋、サンバイザーの上から白いスカーフをかぶるスタイルです。
聖地マチュピチュ用にそろえました。
気合はいりまくりです。
頭にかぶるスカーフは日よけになって助かったし女性たちから好評でした。

Rimg0064_2

マチュピチュというとここを紹介されるほど有名な3つの窓の神殿

冬至の日、この窓から日が入り          

Rimg0065_2

      この石に日が射して影が出来ます

        Rimg0068_2

       ギザギザみたいなこの影のアクセサリーも売っています

              Rimg0067_2

                         びっくり! 凄い数のオーブです

           精霊達が沢山集まってくれたのですね!

          (コメント貰うまで気づかなかったーー精霊達ごめんね)

この場所からみた周りの景色

Rimg0056_4

        Rimg0070

               Rimg0071_2

一枚の石から出来た階段 

積み上げられている石には乗ったが作品の上は初めて!

申し訳ない感じだった。

Rimg0072_3

 

一番高いところにお目当ての石があります。

Rimg0063_5

ついにお目当てのパワーストンに到着

遺跡の1番高いところにあるので太陽信仰を表し、インカ文明は太陽神です。
インティ(太陽)ワタナ(つなぐもの)の意味から日時計では?と言われています。

Rimg0081_5

外人もみんなパワーストンと知っていて 手をかざして大騒ぎです。
本には右側がパワーを感じると書いてあったが全体的に凄いパワーが出ている。

ビリビリ~~~~!! 

私は手がしびれる程だった!!

感じた とか 感じない とか言いながら皆 嬉しそうです。       

2006年10月22日 (日)

古いブログから移動

ピックアップ記事

関連記事一覧

Menu