難病の老人

正直に言うと、こんな老人を私がセッションをするの?と思ったぐらい、
目はうつろ、蒼白で血の気のない顔、歩くのもやっとな感じで、受け答えもぽそぽそって感じでした。

 

セッションを始めると、顔に赤みが戻り、終わった後は、奥さんを呼んで「母さん~~生まれ変わったようだ~~」と喜んでくれました!

痛みが無くなったようです。

 

そしたら来た時とは大違い! 明るい顔でしっかりと話すのです。
でも奥様は次回の予約をしませんでした。
歩くのがやっとのご主人を、ご自分も高齢なのに東京まで連れてくるのは大変なのでしょう。
他に事情もあるようで、奥様の中にわだかまりがあるように感じました。


良く見ると老人は、綺麗な顔をしています。
若い時はイケメンだったと思います。
地元では知られた病院だとお聞きしました。
もしかして、若い頃、女遊びをして奥さんを苦しめたのかもしれない?

 

複雑な心境で、2人を見送る私でした。

関連記事

ページ上部へ戻る