父の暴力で社会適応障害

ライトワーカーれい華 個人セッション

父親の暴力という 痛ましい過去をお持ちの女性のお話

物心ついた時から 父の母に対する暴力が凄くて 恐怖の中で成長しました
父は公務員だったのですが 接待をして酔って帰って来ると
「起きろ~~」と母を起こすのです
「なんなの?」 と言っただけで殴ったり蹴ったりつねったり、、、
警察沙汰にならないけど その寸前の事をいつもやってきたんです
子どもの前で わざと包丁を出してわめいたり、、、
実際は刺しはしませんが、、、、
どうしてそんなことをするの?と私たち兄弟が言うと
「教育が悪い~~」と言って 私たちは殴らないで母をまた殴るんです
子煩悩なので 私たちは叩かないのだけど その分母に行くんです
子供ながらに ひと言でも発すると
母がいじめられるんだと分かっているので 子供たちは貝のように我慢して黙っていました
兄たちが大きくなったら 今度は 止めろ~~と父を羽交い絞めにしたりしました
それでも母を殴っていたし
その頃のことが 1番覚えています
父は株で大損して 土地を現金に換えて株をやっては失敗したんです
失敗するとまた違う土地を現金に換えて、、、、
怖いので誰も注意も出来ないのです
酔って帰ってきては 何があったか知らないけど 母に暴力をふるうので
子供たちが何か言うともっと母が暴力を受けるし 私たちが貝のように黙っていたことが
今になって影響したのかなと思います

ここが出発点だと思います

私は社会適応障害で 人に会ったりなにか行事がある時は 安定剤を服用しています
凄い不安感に襲われるんですよ
元々活発だったので なにかやりたいのですが 体が反対の方向に行くのです
小学校5年生の時に 体験話をお友達とする時があって
私の番になると苦しくて、、、過呼吸だと思うのですが話せなかったのです
それから本を持つ手が震えるようになって 声を出すと震えたり言えない時もありました

体も震えるし、、、、
ある時は資格試験の時に 手が震える、、、発表する時に苦しくなって発表出来なかったり
大人になって 面接試験でもそんな感じで全部落ちました
ミスコンの推薦も受けたんですけど こんな調子じゃ受からないからと断ったんです
でも何か表現したいという思いは強くて
ファッションショーのモデルやテレビコマーシャルやカラオケのモデルもしたんですよ
でも顔が震えて 笑いたくても笑えない時が多かったです

結婚しても主人の金銭問題 浮気 子供の病気が
一辺に重なった時があって 心配のあまり 一時呼吸困難になって
病院へ駆け込んだ時があったんです
あの憎たらしい お母様の人生と彼女の人生(兄弟も)を狂わせた
お父さんは生きているのか聞いてみました
今でも90過ぎて生きていて 人の手を借りないといけない位なのに
頭はぼけてもいず いまだに威張り腐っているそうです
頭が切れる人で80才までパソコンをやっていたそうです
お母様には謝ったことがないそうですが
死ねときに ひと言でいいから謝ったらいいのにと思いますよね
メッセージで彼女の今世の目的は「根気」
過去世で中途半端な人生を送ったことが多くて
今世は達成するように根気強く生きるとか 根気強く何かを成し遂げるとか、、、
目的のはずなのに まだやっていないと言っています
宇宙からきたグリーンのお爺さんのような妖怪の
大きな羽がずーと後ろまでたくさん生えているのが
頭から出て行ったので 大きな過去世からの負のエネルギーが消えたようです

角川書店 「おまかせの法則」のなかに「借金だらけの生活、ダメ夫との暮らし」
が書いてあるのですが その登場人物も長い間 夫との関係 夫と息子の関係で苦しみました
P416 に得体のしれない怪獣のイラストが描かれています
本当に大変な人生を長い長い年月過ごしてきた人は
我慢したり 恐怖だったり おびえたり 不安だったりが重なって
この世では見たことのない得体のしれない物体を視せられます
負のエネルギーやカルマが凝縮されて 怖い形になっています

目の前に巨大な木がふさふさと揺れていて 前に行かせないぞとふさいでいるのです
しかも不気味に揺れているのです

これは彼女の道をふさいでいるな
こんな大きな木がデンとあるのじゃ 自分の力で排除できないはずです
私の頭で理解できるように分かりやすく視せてくれます

大きな木を排除すると
今度は 牢屋なのか 教会の一室なのか 四角い部屋が現れました

後ろはコンクリートで 3面は金属の柵になっていて中が見える部屋です
そこに鳥がいて 開けたら鳥がパ~~と一羽飛びったっていきました
ちいさな彼女の心模様です

閉じ込められていた心がやっと自由になりました
父親のせいで大変な人生だったのだから

本当に心も体も自由になって欲しいものです

関連記事

ページ上部へ戻る