不妊治療と卵巣の悩み【れい華セッション】

れい華:卵巣で悩んでいる人が今すごく多いんです。
    今日は卵巣のお話のようですが、どうなりました?

女 性:これまでちゃんと卵巣は機能していて
    卵巣年齢を計るんですが、それも・・・

れい華:卵巣年齢って計るの!

女 性:卵がどのくらい残っているかが卵巣年齢なんです。
    人それぞれ生理の来るのが違うように、閉経も違います。
    卵巣年齢検査で卵胞の数がわかるんです。
    私は実年齢よりマイナス4歳か5歳と数値がいいんです。
    
れい華:それはいいですね。
    
女 性:だから卵巣で悩んでいる人は、実年齢が30代前半なのに
    卵巣年齢が45歳といった値が出ると
    急ぎなさいとか、卵巣が取れなくなるよという感じですよね。
    それでお悩みなのかなと思います。

れい華:じゃあ、あなたはラッキーなわけなんですね。

女 性:そうなんです。私は幸運にもそこは問題ないんですが
    着床ができなかったり、先日も着床しても流産して
    子宮の受け皿のほうかなと調べていたら
    れい華先生にたどり着いたんです。

れい華:私のところに行きなさいということだと思ったんですね。

女 性:それで先日浄化してもらって、水の流れを作っていだたいたんです。

れい華:私はエネルギーが水で視えるんですけど、
    停滞している人はエネルギーが流れていないんです。
    エネルギーでその人の状態がわかるわけです。

女 性:それからしばらくして身体の中心あたりに
    みずみずしい宇宙を感じたんです。
    で、いいかなと思ったんですが、前回の卵胞が残っていたこともあり
    今回うまく排卵ができていなかったんです。
    お正月に渡っちゃったので病院もやってなくて、
    どちらにせよできなかったんですけど。

れい華:女性の身体って複雑なんですね。

女 性:簡単に子どもを産む人もいれば、かなりお金をかけて(不妊治療する人もいる)。

れい華:痛みも伴うんでしょ。

女 性:麻酔なしで針を刺すとかね。看護婦さんがおさえて針を刺してる人もいると思います。
    病院の方針もいろいろあるんですけど、その極致の境地まで行って・・・
    こんどこそ!みたいな

れい華:早く不妊を治したいですよね。

女 性:最近子育てのことを考えると自分の寿命を考えるようになって。
    

れい華:ご主人も子どもを望まれているなら、子どもが欲しいですよね。

    では、今日は卵巣のところの浄化でしょうか。

女 性:あとは前回のように子宮がどんな状態か見ていただきたいです。

れい華:わかりました。

PAGE TOP
Menu